学校概要

コンセプト

Concept

テクノロジー×デザインで

人間の未来を
変える学校。

テクノロジー×デザインで

人間の未来を
変える学校。

15歳から、テクノロジーとデザイン、
起業家精神を一度に学ぶ

15歳から、
テクノロジーとデザイン、
起業家精神を一度に学ぶ

テクノロジーは今の時代の公用語。デザインは未知の価値をカタチにする必須スキル。そして、起業は人間の未来を変える確度の高い選択肢。そんなふうに考える神山まるごと高専は、10代のこの時期こそこの3つの分野を同時に学ぶ学校です。インプットだけでなくアウトプット重視の授業は、様々な分野を学問として学ぶだけでなく、実践的な知識やスキルを身に付け、15歳から20歳までの5年間で未来を変える力を身につけた独自の人間を育みます。

テクノロジー・デザイン・起業家精神

建学の精神

まるごと学ぶ学校

まるごと学ぶ
学校

人間の豊かな未来を創造するために
必要な力を
「まるごと」学習する

神山まるごと高専では、世の中に変化を作り出し、日本の将来を担う学生を輩出することを目指しています。複雑化する現代社会において、世の中に変化を作り出すためには、専門的な知識を学ぶだけでなく、その知識を実践につなげる力や世の中に受け入れてもらう力が必要であり、これらの力は単体ではなく、複合的に学ぶことによってこそ価値があると考えています。

授業のみならず、課外活動や寮生活などの
機会からも「まるごと」学習する

学生生活の中から多くの学びを得ることができる、そんな環境づくりはとても重要です。学習の機会を学校における授業だけではなく、課外活動や、地域住民との交流、寮生活など幅広く捉えることで、学生が主体的に成長できる様々な機会を用意し、学生生活の中に数多の学習機会がある環境を整えることを重要視しています。

成功も失敗も糧とし、
全ての経験から「まるごと」学習する

学生が様々な力を高めていく中で、その価値が発揮されるのは実践の場です。実践において学んだことを活かして成功することはとても素晴らしい。そしてそれ以上に、挑戦することが重要であるとも考えています。結果が成功であれ失敗であれ、全て成長の糧となりうる貴重な経験です。神山まるごと高専では、「全ての経験に学びがある」と考え、あらゆる経験から学習する姿勢を大切にします。

Mission・Vision

学生が、教員が、すべての関係者がまるごと一つになって、過去になかった今必要な学びを創造し、未来を変える構想や事業を次々と生みだすために。神山まるごと高専は、MissionとVisionを掲げています。

Mission モノをつくる力で、
コトを起こす
モノをつくる力を身につけて、その力を駆使して、
ほしい未来を形にしながら
世の中を変えるほどのコトを起こす。
そのinputとoutputをまるごと体験し、
人生を切り拓く自信を掴み取る場になる。
それが私たちのMissionです。
Vision β Mentality
失敗を怖れる必要は 私たちの学校にはありません。
すべては成功までの挑戦の過程だからです。
欠点のない完成形を最初から求めるのではなく
未完成のβ版を次から次へとつくりだし、
あらゆる角度から検証し、想像以上に良くしていく。
その姿勢こそ私たちのめざすVisionです。

学生像とカリキュラム

モノをつくる力で、コトを起こす人

モノをつくる力で、コトを起こす人

神山まるごと高専の学生像として「モノをつくる力で、コトを起こす人」を掲げています。既存高専のモノづくりを徹底的に学び即戦力となる学生を養成するカルチャーを引き継ぎつつ、ただつくるだけでなく自分で本質を理解し何をつくるべきか考え、「モノ」を形にする力(デザイン)を学び、しっかりとつくり上げるテクノロジーの力を身に付けてもらいたいと考えています。そして「モノをつくる力」で人間の未来を変えられるようなイノベーションを起こせる力として、起業家精神を学び社会に変化を与えられるような学生を育成したいと考えています。

これらを実現するためのカリキュラムを構成する概念図として「神山サークル」を作成しました。カリキュラムの中心に「モノをつくる力」を配置し、物事の本質や自分自身を理解するための「言葉」、自然や社会を理解するための「数字」、魅力あるモノを形にする「絵(デザイン)」、そしてモノをつくり上げる「プログラミング(テクノロジー)」の4つの分野で構成しています。その外側を取り囲むように起業家精神を養う「社会と関わる力」を配置し、コミュニケーションやコラボレーションといった「人と一緒につくる力」、地域経済を理解し地域連携をおこなう「隣人と生きる力」、そして自ら起業したり事業を創出するための「コトを起こす力」を配置しています。

カリキュラム

基本情報

名称
神山まるごと高等専門学校
開校予定日
2023年4月1日
定員数
1学年40人(全寮制)
開校予定地
神山中学校
就学スタイル
全寮制
学べること
テクノロジーとデザイン /
アントレプレナーシップ

高等専門学校とは?

一般には高専(こうせん)と略される
「高等専門学校」は、
実践的・創造的技術者を養成することを
目的とした高等教育機関です。
学校教育法を根拠とする
日本独自の高等教育機関で、
五年間の一貫教育が行われます。
毎年高専生を対象とした
ロボットコンテスト(通称ロボコン)、
プログラミングコンテスト、
デザインコンペティションなどが
開催されるのも有名です。